勤怠管理するためのシステム

勤怠管理とは、働いている従業員の出勤時間などを把握して、きちんと真面目に仕事をしてルールを守っているかなどの監視や管理を行うことです。これは企業で従業員たちを扱っていくためには必要不可欠なものであり、これを怠れば有給休暇などの管理や、どれくらいの残業をしてたかなどを把握することができないため、職場の環境が悪くなってしまいます。前ではタイムカードと呼ばれる出社したときと退社した際の時間を図るシステムが主流であったのですが、最近ではICチップが埋め込まれた社員証を持たされて、それをオンラインなどで管理するといったシステムの所も増えてきています。これは特に従業員が多い企業で有効的に機能します。これにより全ての社員の就業時間を簡単に管理することができ、給与の計算をするのが簡単になるなど様々なメリットがもたらされています。



勤怠管理システムで簡単操作



今、勤怠管理システムを導入する会社が増えてきています。今まで人の手で集計していた作業を、このシステムで簡単に集計する事が出来るので大変便利です。操作方法も簡単なので、このシステムを利用する会社は年々増加の傾向です。勤怠管理システムでは、社員一人一人の出退勤情報を入力したり、有休申請などそういった個人の情報を簡単に入力する事が出来ます。また今までタイムカードを利用していた会社では、タイムカードを使用しなくて済むので用紙代も経費削減する事が出来ます。また、これまで長い時間をかけて集計作業していた社員の勤務状況を、パソコン一つで一気にまとめる事が出来るので、人件費の削減にもつながります。このように、この勤怠管理システムを利用することで、様々なメリットを得る事が出来るでしょう。是非導入をしましょう。



コンプライアンスから見ても勤怠管理は重要です



勤怠管理は会社にとって非常に重要な事です。それは単に従業員が真面目に契約通り仕事をしているかどうかを確認するためだけに重要なわけではありません。会社として重要なことは他にもあります。それは、法律を守るということです。勤怠管理は法律を守るために欠かせないことになります。雇用形態によっていろんな法律による規制があるからです。そして、それらは改正されることもあります。改正された場合は最新のものに合わせていく必要があります。それをしていくためには絶えず正確に従業員の勤怠管理をしておかなければいけません。決して簡単な作業ではありません。そこでそれを簡単に、しかも正確に行ってくれるシステムもあります。そういったシステムを導入することによって法律改正などに対応することからくる負担を大幅に軽減することも可能になります。

誰もが使いやすい。ということは、導入もスムーズということです。システムで一番大変なのは実は導入にあります。 社内業務効率化にお困りではありませんか?ネクストタイムカードは業務効率のひとつの答えです。 メンバーの勤務状況を把握して、過労働や残業の抑止などチームマネイジメントに役立ちます。 勤怠管理システムで未払い残業問題を解決!