keyboard_arrow_right
思い出に残る華やかな名古屋ウェディング

思い出に残る華やかな名古屋ウェディング

国内での挙式や披露宴の中でも派手な印象がありますが、名古屋ウェディングの特徴は、思い出に残る華やかさです。単に派手というと品のなさを連想することもりますが、そこは全く心配のない、とても品のある美しい派手さが魅力になっています。すべての挙式が派手というわけではないものの、多くの場合は華やかさには事欠きませんし、全体が派手というよりは、こだわりがある品の良い華やかさが盛り上がりを見せる秘訣にもなっています。新しい人生の門出というお祝いごとは、盛大にみんなで盛り上げるという、地域の気質も挙式や披露宴にはよく現れています。披露宴に招待するゲストの人数も多めですし、テーブル周りや証明など、披露宴会場の装飾も豪華なパターンが多く、ゲストも楽しみが増えます。

江戸時代から伝わる菓子まきも恒例

名古屋ウェディングでは多くの人が、菓子まきをイメージしますが、これは江戸時代からの風習でもあります。その昔江戸の時代に村から花嫁が出て行く時に、菓子をご祝儀として渡していたことから、それが今でも楽しいイベントとして残っています。現代の挙式でも披露宴での出し物として、この菓子まきが行われることはとても多く、駄菓子などが用意されています。披露宴会場内で、新郎と新婦は舞台の上へ上がり、お菓子を会場のゲストたちに撒いてプレゼントをします。ゲストも楽しくお菓子をキャッチしますので、全員参加型の披露宴の恒例行事のようなものが、菓子まきのイベントでもります。この地域での結婚式であれば、菓子まきが披露宴のスケジュールに組み込まれていることは多く、ゲストも楽しみにしています。

地域名物の料理が披露宴には出てくるのは基本

ウェディングの披露宴には、名古屋名物の料理が出てくるのは、もはや地域性としても普通のパターンです。全国を代表するような食べ物がありますし、うなぎのひつまぶしに、コシの良いきしめん、甘みがたまらないういろうなど、県外の人も好きな食べ物が多いです。そんな名物料理が、拾うんでは普通に登場をしますし、観光に行かなくても披露宴会場で、この地域の名物料理をいただくことができるというパターンです。結婚式に参列する県外から来たゲストは、せっかく来たのだから、帰りに名物料理を食べて帰ろうと考える人は多いです。でも披露宴に出てきたら、手羽先が出てきたり、味噌カツが登場をしたり、披露宴で名物料理をいただくことはとてもよくあります。ゲストとしても、内心はラッキーなお食事でもあります。