keyboard_arrow_right
他の県にはない名古屋ウェディングの特徴

他の県にはない名古屋ウェディングの特徴

名古屋と言えば日本一結婚式が派手というイメージが定着しています。なぜそういったイメージをもたれているのかというのは、その地域性にあります。
昔は日本のどこであっても、結婚式と言えば親族だけではなく近所の人々など地域を挙げての大きな儀式でした。お祭り騒ぎのように多くの人から祝福をもらうことができる結婚式だったのですが、今日では近所付き合いがあまりなかったり、盛大に行うという思考の人が減少傾向にあるのが現状です。しかし名古屋に関しては、今も尚その風習が根強く残っています。そのため、この地ならではの風習やウェディング形式があり、その影響から他県の人から見ても「派手、豪華」というようなイメージになっているのです。
しかし、こういったイメージのすべてが本当ではないということも事実なのです。

豪華で派手というイメージは本当

もっとも多くの人がイメージしているのは結婚式が派手で豪華というものです。実際にそういったイメージを大切にしているのは新郎新婦やその家族だけではなく、結婚式場側なのです。
名古屋にある結婚式場のほとんどが、昔の風習を大切にしつつ現在のトレンドを取り入れるといったスタイルで結婚式を執り行っています。そのため会場の装飾はなるべく豪華にしたり、演出も派手なものが多い傾向にあります。
また結婚式だけではなく結納にも同じことが言えます。現在では結納自体行わない人が増えてきており、行ったとしても簡略化したものが一般的となってきています。そんな中でも昔のように豪華な結納を行っている人も多いため、結婚式だけではなく結納においても豪華だというイメージが定着しています。

昔と今では違うウェディング事情

昔は確かに行われていたのですが、現在はもう行っていないという風習もいくつかあります。よく耳にするのが「ガラス張りのトラックで嫁入りをする」というものです。現代においてガラス張りのトラックで嫁入りしているのを見かけた人は非常に少数です。逆に紅白幕を掲げたトラックであったり、鶴亀などの縁起の良いデザインのトラックで運ぶのを見かけたことがあるという人は半数以上いたというデータがあります。
また結婚式が豪華だというイメージからお色直しは3回する人が多いというイメージがありますが、これも今では違います。ゲストとの時間を大切にしたいという人が増えていることもあり、お色直しは1~2回というのが多い傾向にあります。
このようにすべてのイメージが未だに続いているとは限らないのです。